18歳未満の方はコチラから退場ください。
2024.05.30

大阪の風俗スタッフの日常 Part 5 ~キャストブランディング~

キャストの紹介コメントは顧客のこう思ってほしいという旗を立てる行為です。

紹介コメントを作成する際には、顧客に「こう思ってほしい」という明確な目標を持つことは、非常に効果的なアプローチです。

これは、顧客の期待や感情に直接訴えかけ、彼らの意思決定プロセスに影響を与えるための戦略と言えます。

このアプローチは、紹介コメントを通じて顧客の心理や行動にポジティブな影響を与える「旗を立てる行為」と捉えることができます。

これはサービスブランディグの第一歩と言えるでしょう。
顧客にとって“期待のハードル”体験イメージの基準値が形成されます。

以下に、この戦略を効果的に活用するためのポイントをいくつか紹介します。

1. 顧客のニーズや願望を理解する

まずは、ターゲットとなる顧客が何を求めているのか、どのような願望や問題意識を持っているのかを深く理解することが重要です。
この理解を基にして、顧客が心から望む結果や状態を言語化し、それを紹介コメントで表現します。

2. クリアなビジョンの提示

「顧客にこう思ってほしい」という目標を達成するためには、紹介コメントによって明確で魅力的なビジョンを提示することが必要です。このビジョンは、顧客が商品やサービスを利用することで達成できる理想的な状態を描き出すものであるべきです。

3. 感情に訴えかける言葉遣い

人は感情に基づいて意思決定を行うことが多いため、紹介コメントでは感情に訴えかける言葉遣いを心がけることが重要です。
希望、安心、興奮、幸福など、ポジティブな感情を呼び起こす表現を使うことで、顧客の行動を促すことができます。

4. 独自性や差別化ポイントの強調

顧客に特定の商品やサービスに魅力を感じてもらうためには、その独自性や他との差別化ポイントを明確に示すことが効果的です。
なぜ自分たちの提案が顧客にとって最適なのかを伝えることで、紹介コメントの説得力を高めます。

期待のハードルを越え続けることで、顧客との信頼が強化される

期待のハードルを越え続けることは、顧客との信頼関係を強化し、長期的な関係構築に欠かせない要素です。
このアプローチは、顧客満足度を高めるだけでなく、顧客ロイヤルティの向上、口コミによる新規顧客獲得へとつながります。

期待を超え続けることで顧客との信頼がどのように強化されるかの理由と方法を紹介します。

理由

1. 信頼の構築

期待を超えるサービスや製品を提供することで、顧客は企業が約束を守り、期待以上の価値を提供すると認識します。
これは信頼関係の基盤となります。

2. ロイヤルティの向上

顧客の期待を継続的に超えることで、顧客はその企業やブランドに対して強いロイヤルティを感じるようになります。
ロイヤルティの高い顧客はリピーターになりやすく、長期的な収益源となります。

3. 口コミによる新規顧客獲得

満足した顧客は自らの経験を他人に共有する傾向があります。
期待を超える経験は特に共有されやすく、強力な口コミマーケティングを生み出します。

方法

1. 顧客の期待を正確に理解する

顧客とのコミュニケーションを通じて、彼らの期待を正確に把握します。
これには、顧客のアンケートフィードバックを積極的に収集し、分析し改善していくことです。

2. 小さなサプライズを提供する

顧客の期待をわずかに超えるサプライズを提供することで、ポジティブな印象を与えます。
例えば、予期せぬ割引、パーソナライズされたギフトなどが考えられます。

3. カスタマイズとパーソナライゼーション(段階的な情報開示や共通の秘密)

顧客一人ひとりのニーズや好みに合わせたカスタマイズされたサービスを提供することで、顧客は自分が大切にされていると感じます。
顧客の悩み事相談や、趣味などの段階的な情報開示も良いでしょう。顧客と2人だけの共通の秘密を持つことで特別感を演出します。

期待を超え続けることは、顧客満足度を単に高めるだけでなく、顧客との長期的な信頼関係を築き、ロイヤルティの高いファン顧客を育むことにつながります。

キャストは顧客の期待を超えることを目指し、そのプロセスを継続的に評価し、修正していくことが重要です。

より多くの接客をすることで見込み客が増加する。やがて行列ができるラーメン屋へ

接客回数を増やすことが見込み客の増加につながり、最終的には行列ができるほどの人気ラーメン屋に成長するプロセスは、接客業における顧客体験の重要性を示しています。

予約が困難になればなるほど、より人気が高まるプラスのサイクルを生み出すことができます。

点検ポイント!

初めに設定したキャラクター設定が、顧客のアンケートと適合しているかどうか?

キャラクターにあった画像(パネル写真/写メ日記画像など)を発信できているか?

独自のポジションを得ているかどうか?競合は多くないか?

顧客が満足するpointを抑えているかどうか?表情を見ているか?

指名顧客との信頼残高を向上させるStepを踏めているかどうか?

毎回同じようなサービスで飽きが来ないような対策を打てているかどうか?

以上のようなサービス点検を怠らずにしていると、ブランディングの深堀ができ、ファン顧客がどんどんと安定していきます。

キャストの育成はアイドルプロモーションと同じ

キャストの育成とアイドルプロモーションは、表面的には異なるフィールドに属していますが、成功へのアプローチにおいて多くの共通点があります。

両者ともに、個々の魅力を最大限に引き出し、長期的なファンベースを構築することが目標です。
以下に、キャスト育成とアイドルプロモーションが共有する戦略の要点を挙げます。

個性の発掘とブランディング

個性の発掘
キャストやアイドルそれぞれの個性や才能を見つけ出し、これを育てることが重要です。
その個性が、ファンにとっての魅力的な要素となります。

ブランディング
個性を生かしたブランディングにより、他とは異なる独自のイメージを構築します。
これには、ビジュアルデザイン(衣装やロゴ)、SNSを使った個性的なコミュニケーション戦略が含まれます。

メディア戦略

マルチメディア戦略
テレビ、ラジオ、SNS、YouTubeなど、複数のメディアを駆使して露出を増やします。
特に、デジタルメディアを活用したコンテンツは、若年層にアピールするのに有効です。

ストーリーテリング
キャストやアイドルの背景や成長過程をストーリーとして紡ぐことで、ファンとの感情的なつながりを深めます。

ファンとの関係構築

推しになるためには、顧客との関係性の構築が必要です。

一緒にいて楽しい、この体験をいつまでも大切にしたいと思われることで、顧客は継続的な来店をしていただけます。

中期的なプラニングを立てることでキャストの育成進捗が把握できます。
1店舗当たり40人から50人ほどの女性が在籍しますので、人ひとりケアしていくことでより大きな集客力が生まれてくるのです。

キャストブランディングを怠らず行うことで、店舗自体のブランドも強化されていきます。
一人一人の力を最大限発揮できる環境を整えていくことがスタッフの業務の一つになるのです。


大阪の風俗スタッフの日常 Part 1

大阪の風俗スタッフの日常 Part 2 ~ファンの増加編~

大阪の風俗スタッフの日常 Part 3 ~ライティング業務について~

大阪の風俗スタッフの日常 Part 4 ~キャスト紹介のコツ~

大阪の風俗スタッフの日常 Part 6 ~キャストのモチベート~

大阪の風俗スタッフの日常 Part 7 ~プロモーション業務~