18歳未満の方はコチラから退場ください。
2024.05.16

大阪の風俗スタッフの日常 Part 3 ~ライティング業務について~

風俗スタッフに必要なスキル【ライティング業務】

このブログでも、毎日決められた時間に、情報を発信し続けていますが、およそ1000文字から2000文字程度の配信をするように心がけています。

ライティングだけの必要な時間は1記事に30分程度です。
伝えたいことが思いつけば、書き溜めていますので、1日に10記事ほど作成する日もあります。

慣れてくればさほど、難しい業務ではありませんが、ライティングに慣れていないと、1日がかりの業務になってしまいます。

風俗スタッフに必要なライティング業務として

:ガールズヘブン/バニラなどの求人サイトの店長ブログ。

:オフシャル求人サイトのコラムやブログ

:キャストの紹介コメント

:新着NEWSや顧客向け配信

:SNSでの情報発信

などが挙げられます。

基本的な業務と言っても差支えはありません。
正しい知識で書き続けると大きな資産となります。

言わば、風俗スタッフとしての基礎体力に当たりますので、能力開発しておきましょう。

ライティングを行う上でのコツ ~YOUメッセージとIメッセージ~

ライティングを行う上で、基本的なこととして、誰に向けてのメッセージなのか?
誰に読んでもらい、どのような行動への刺激になるのかを考えながら、書いていかなければなりません。

「業務として決まっているから、店長ブログをいつも書いています。」といった浅い考えにならないためには、自店はどんな情報を発信し、だれに読んでもらいたいのかをまずは考えていきましょう。

ターゲットは一人に限りません

例えば、このブログの仮想ターゲットは、風俗スタッフを検討中の方ですが、グループ内のスタッフにも向けて書いています。
ブログを読み続けることで、グループの運営方針やスキルアップ、キャリアアップや自己ビジョンの形成に役立つからです。

最近ではSEOもどんどん向上していますので、業界内でも様々な方から「いつもブログ読んでます。」というお声をかけていただくことが増えてきました。
うれしい限りです!(^^)!

さて、情報発信の手法として、ユーメッセージ(You-message)アイメッセージ(I-message)というものがありますので紹介しておきます。

ユーメッセージ(You-message)

ユーメッセージは、話し手が相手の行動や態度について語る際に「あなたは〜する」「あなたは〜だ」といった形で相手に共感を得る言い方です。

ターゲットを絞り込むことで、不満・不安。
現在困っていることなどを言い切ります。

そこで、絞り込まれたターゲットは、共感を得ると次の行動に移りやすいのです。
最近SNS広告で○○でお住まいの方や、○○歳の男性を求めていますなどの広告を見たことはありませんか?
それがyou-messageの広告手法となります。

アイメッセージ(I-message)

アイメッセージは、自分の感情や考えを「私は〜感じる」「私には〜が必要だ」と自己表現する方法です。

このアプローチは自分自身の感情やニーズに焦点を当てるため、情報の受け手のターゲットを絞り込むことができません。

すでに知名度が高かったり、業界でもリーダー的な存在だと効果がありますが、キャスト求人サイトではこの手法は避けた方が無難と言えます。

逆に、集客用の営業サイトではこの手法は有効です。
我々がどんなところにプライドをもているかを明確にするとで、顧客は安心して来店することができるでしょう。

相手の視点にたっての言葉選びワーディング

相手の視点に立っての言葉選びやワーディングは、コミュニケーションにおいて非常に重要です。
相手の感情、立場、文化的背景や価値観を考慮することで、より効果的にコミュニケーションを取ることができます。

以下に、相手の視点に立った言葉選びのポイントをいくつか紹介します。

1. 相手の感情を理解する(どんな感情の時にその情報にタッチするのかを仮説する)

相手がどのような感情を持っているかを理解し、その感情を尊重する言葉を選びます。
例えば、相手が困っている時には同情を示す言葉を、喜んでいる時には共感や祝福の言葉を選ぶことが大切です。

2. 相手の立場を考慮する(立場で視点/視座が変わる)

相手の立場や状況を考慮して、話す内容や表現を選びます。
例えば、専門用語や業界用語を使う場合は、相手がその用語を理解しているかを考慮する必要があります。

3. 文化的背景や価値観を尊重する(年代が違うと育った環境も違う)

相手の文化的背景や価値観を尊重する表現を心掛けます。
異文化間コミュニケーションでは、言葉だけでなく、非言語的な表現や振る舞いも重要です。
相手の文化に敬意を払う姿勢を示すことで、信頼関係を築きやすくなります。

4. 明確かつ簡潔に伝える(相手の理解度に合わせる)

相手がメッセージを理解しやすいように、明確かつ簡潔な言葉を選びます。
情報が多すぎたり、複雑だったりすると、伝えたいことが相手に正確に伝わらない可能性があります。

5. ポジティブな表現を心掛ける(リフレーミング)

可能な限り、ポジティブな表現を使うようにします。
特に批判や否定的なフィードバックを伝える場合でも、建設的かつ積極的なアプローチを取ることが、相手が受け入れやすくなります。

読書や新聞・ニュースなどの活字に触れ語彙力をますこと

人はインプットした以上にアプトプットすることはなかなかできることではありません。

読書や新聞・ニュースなどの活字メディアに触れることは、語彙力を増やすだけでなく、言語の理解を深め、表現力を高める効果的な方法です。

こうした活動を通じて、多様な文脈で使用される言葉や表現に触れることができ、自然と言語感覚が磨かれます。

以下に、読書や活字メディアを活用して語彙力を向上させるための具体的な方法を紹介します。

様々なジャンルに挑戦する

多様なジャンルの書籍や記事に触れることで、特定分野に限定されない広範な語彙に触れることができます。

小説、詩、エッセイ、専門書、科学記事、歴史、ビジネスなど、幅広いジャンルを読むことを心がけましょう。漫画などでも大丈夫です。むしろ、時間の短縮のためにお勧めしています。

意識的に新しい語彙を学ぶ

読書中に知らない単語や表現に出会ったら、その意味を調べ、例文とともにノートに記録しましょう。Google/ウィキ/チャットGPTなどで検索する習慣をつけておきましょう。

定期的にそのノートを見返し、新しい語彙を使った文章を作成する練習をすると良いでしょう。

定期的に読む

毎日、または決まった時間に読書やニュースを読む習慣をつけることが大切です。

短い記事から始め、徐々に読む量を増やしていくことがおすすめです。

深読みを心がける

単に内容を追うだけでなく、使われている言葉や表現に注目して読みましょう。

特定の表現がなぜ使われているのか、その言葉を使うことでどのような効果があるのかを考えることで、深い理解が得られます。

グローアップグループでは、読書感想文に赤ペンを入れて、知識の深堀りの習慣化を行っています。

ただ読書するだけでなく、アウトプットする習慣をつけることで、キャストとのコミュニケーションの幅を広げていく取組みです。