18歳未満の方はコチラから退場ください。
2024.04.15

この本がお勧め!自己啓発シリーズ①「人を動かす」デール・カーネギー

人を動かす』はデール・カーネギーによって1936年に出版されたコミュニケーションと人間関係スキルに関する古典的な自己啓発書です。

この本は、人々との効果的なコミュニケーション、人間関係の構築、他者への影響力の行使についての実用的なアドバイスを提供しています。

以下に、その要約を示します。

第一部:人とうまくやる基本原則

批判しない、非難しない、文句を言わない
人は自分の非を認めたがらない。批判や非難は反発を招き、関係を悪化させる。

誠実な感謝の気持ちを表現する
誠実な称賛と感謝は人の心を開かせ、良好な関係を築く基礎となる。

相手に強い関心を持つ
相手の興味やニーズに真剣に耳を傾けることで、信頼と好感を得る。

第二部:人をあなたの考え方に引き込む方法

議論を避ける
議論は防御的な態度を引き出し、誰もが自分の意見に固執するため、勝者はいない。

相手の考えを尊重する
相手の意見に敬意を表し、あなたの考えを優しく提案する。

相手が「はい」と言う状況を作る
同意を引き出す質問から会話を始め、相手が肯定的な態度を取りやすくする。

自分の過ちを素直に認める
間違いを認めることで、相手の敬意を得て、問題解決の道を開く。

心から相手に利益をもたらすようにする
提案やアイデアが相手にとってどのような利益をもたらすかを強調する。

第三部:人に好かれる方法

笑顔を忘れない
笑顔は親しみやすさを伝え、ポジティブな第一印象を与える。

相手の名前を覚え、使う
人の名前はその人にとって最も甘美な響き。
名前を使うことで、親密さを増す。

良い聞き手になり、相手に自己表現を促す
積極的に聞き、関心を示すことで、相手の好感を得る。

相手の興味のある話題で会話をする
相手の関心事に基づいて会話を進めることで、関係を深める。

第四部:人を変える方法

間接的に間違いを指摘する
直接的な批判よりも、優しく間違いを指摘する方が効果的。

自分の間違いを話すことから始める
自分も完璧でないことを認めることで、相手の心を開かせる。

命令するのではなく、質問する
人に何かをさせたい場合、命令するよりも質問形式で提案する方が協力的な反応を得やすい。

人を動かす』は、人間関係を向上させるための基本的ながら強力な原則を提供します。

カーネギーの教えは、プロフェッショナルな環境だけでなく、個人的な関係においても今日まで広く適用されています。

お勧めポイント!

人を動かす』における主要なポイントは、人間関係を築き、他者にポジティブな影響を与えるための基本原則に集約されます。

これらの原則は、日常生活や職場での対人関係を改善するための具体的かつ実践的な指針を提供します。

特に注目すべきポイントは以下の通りです。

批判や非難を避ける

人は批判されると防御的になり、対話が閉ざされがちです。
ポジティブな関係を築くには、非難や批判を避け、建設的なフィードバックを心がけることが重要です。

誠実な感謝と賞賛を表す

他者の良い点や成果を認め、誠実に感謝と賞賛を表すことで、相互の信頼と尊敬を築くことができます。

相手の立場に立つ

コミュニケーションを取る際には、自分の意見を押し付けるのではなく、相手の視点やニーズを理解し、尊重することが大切です。

積極的な聞き手になる

話を聞くことは、コミュニケーションにおいて最も重要なスキルの一つです。
相手の言葉に耳を傾け、理解しようとする姿勢が、良好な人間関係の基礎を作ります。

誠実さと一貫性

自分の過ちを認め、誠実で一貫した態度を保つことで、他者からの信頼と尊敬を得ることができます。

質問を通じて関与を促す

他者に何かをしてもらいたい時は、命令するのではなく、質問形式で関与を促すと協力的な態度を引き出しやすくなります。

個人の興味を重視する

人は自分の興味や関心事に強く反応します。
相手の興味を理解し、それに基づいて関わることで、より深い関係を築くことが可能です。

人を動かす』の教えは、人間関係の質を高め、相互理解と協力を促進するための貴重なツールです。

これらのポイントを日常生活に取り入れることで、人との関係を改善し、より充実した人生を送るための基盤を築くことができます。